スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
セルクルホットケーキ
ホットケーキ。
セルクルを使って低温でじっくり焼きました。
4365banner.jpg
型を使ったのでまんまる。









いつもは盛岡市の藤原養蜂場のはちみつをかけて食べますが、今日は宮古島の黒糖蜜にしました。
4366banner.jpg
カロリーは気にせずどっさりかけるのが美味しく食べるコツ(笑)








バターと黒糖の風味があわさったら、このうえなく美味しいホットケーキになったので
これから2回に1回は黒糖蜜で食べようと心に決めた私です。
4367banner.jpg






☆     ☆     ☆     ☆     ☆
パソコンデスクのライト。
私は昔から裸電球が好きです。
4368banner.jpg
どうしてなのかと自分でもよくよく考えてみたら、そのルーツは「神子田の朝市」にあることに
気がつきました。




私の父方のおばあちゃんは、盛岡市の神子田の朝市でくだものなどを売る商売をしていました。
朝早くから、たくさんのひとたちが野菜とかくだものとか、編んだカゴ、珈琲、焼き鳥、お惣菜、
それはそれはたくさんの種類のものを売る活気に満ちた市でした。
氷点下10度にもなるような冬の朝も毎日休むことなく開かれていました。
私の母も長いこと朝市を手伝っていたので、日曜日には、朝3時ぐらいに起きてときどき私も
朝市に連れて行ってもらったものです。






ザルいっぱいに無造作に入れられたつり銭の小銭や、店の奥に詰まれた果物のダンボールから香る
熟したフルーツのにおい。
ぶらさがった裸電球の薄暗い光。
撒きストーブの上でトーストやしいたけ、ぎんなんなんかを焼いて食べている商人のおばあさん。
大きな金タライで沸かしたお湯の中にあたためられたコーヒー牛乳のビン。
どれを思い出してもノスタルジックな光景です。






私はあの神子田の朝市の空気感がたまらなく好きだったのですが、1~2年前に堀井和子さんの
「北東北のシンプルをあつめにいく」という本の中で、まさにその空気感を忠実に表現してくだ
さっているのを発見したときには、とてもとても嬉しくて、忘れかけていた光景が一気に
思い出されました。



大型スーパーがたくさんできた今は、昔のような活気のある朝市とは少し違ってきているという
噂もきくのですが、またあの空気感を感じに、今度は子供たちを連れて朝市に行ってみたくなりました。













後藤照明のランプ





ホットケーキのお皿はスタジオエム







ランキングに参加しています。
それぞれの四角を押していただくと投票されますので、よろしければ応援してください*^-^*
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ


いつもありがとうございますハート



スポンサーサイト
お菓子  TB(0) CM(1)
New Log  …  Top Log  …  Old Log
Comments
鍵コメKさん
こんにちは^-^
体調、いかがですか?

好きなものが一緒とのお話、とっても嬉しいです。
Kさんのおうちの模様替えもぜひ見てみたいです♪♪
マルマル URL 2011.06.21 05:33 #- EDIT


NAME

MAIL

HOME

PASS
COMMENT   
PREV PAGE   TOP   NEXT PAGE
Copyright © 私の小さなおうち All Rights Reserved.
 
プロフィール

マルマル

Author:マルマル
パンやお菓子作り、インテリアが好きな48年組。
東北生まれです。
小学4年生と3歳の二人の男の子がいます。

最近の買ってよかったナンバーワン
2組買いましたがとてもよかった♪♪
私が選んだのは60サテンのタイプ。色はピンク・ベージュ系。 ふわふわであったかくてお値段以上の価値あり。
愛用のショップ
家に居ながらにしてショッピング
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。